正社員の特徴は、長く安心して働けることです。

社会的な信頼性が高いので、マイホームを建てるときなど、大きな買い物の際にローンが組みやすいこともあげられます。
子育て、老後など先を見据えて計画的に貯蓄をしていきやすいでしょう。

一方で会社において社員には大きな責任が求められます。
一般的な会社において、残業や休日出勤、転勤・異動などの会社命令は基本的に拒否することが困難です。
また就職しても必ずしも自分がやりたいことをやれるとは限りません

正社員に向いている人は?

安定した収入を得たい
転職先で長くじっくりと働いて、キャリアアップをしたい。

そんな思いに応えるのが正社員という雇用形態です。
社員に安心して長く継続的に働いてもらうことを前提としているため、社会保険や福利厚生などが充実しています。

女性にとって重大なライフイベントである妊娠・出産のときでも、復職のしやすさや勤務時間の短縮など多くの制度が利用できるのもメリットのひとつです。

また、会社独自の子育て支援もあるところが多くなってきました。
たとえばベビーシッターの利用クーポンの支給や、社内託児所、出産時お祝い金制度です。
女性活躍推進法が出され、今後も女性が働きやすい環境作りはますます進化することでしょう。

周りの手助けは必須

女性の転職で考えてほしいデメリットは、少なからずプライベートが犠牲になることです。
正社員は会社のコアとなる人材ですので、よほどの理由がない限り会社命令を拒否することができません。
たとえば残業や休日出勤などです。

急な残業になったときを考えて、パートナーが手助けしてくれやすい環境かどうか事前にパートナーと話し合う必要があるでしょう。
他にもベビーシッターや延長保育の有無や、近くにご両親が住んでいるなら相談することも大切です。

いざ転職してから困らないように、転職前に働きやすい環境を確保する事が重要になってきます。

もちろん子どもを持つおかあさん社員は、そういった命令が免除されることも多いです。
しかし代わりに誰かが、その仕事を担うことになります。
「あのひとは定時で帰れるけど、代わりに私は遅くまで残業しなければならない」
実際にこういった不満の声が女性社員からは聞こえてきます。

長く働くことが前提である正社員という働き方は、人間関係も長く続きますので、 一度余計なしがらみができてしまうと、働きにくさも長く続いてしまいますね。
この事を心に留めておきましょう。

ライフステージ・イベントに合わせて働くことを選択する

いくつかの事例を出しましたが、一番知って欲しいのは「働くことは選択できる」ということです。
現状のライフステージによっては、正社員で働くことが困難になるかもしれません。
女性の就職や転職にあたっては、自身のスキル面だけでなく、パートナーの転勤や子育て、介護など色々な可能性を考慮する必要があるからです。

たしかに社会保障の手厚さや賃金面の安定は、生活をするうえでの安心に繋がりますが、常にそれがベストとは限らないものです。

働き方の多様化が進んでいる昨今では、あえて契約社員派遣社員の選択肢を選ぶ人も増えてきています。
常識にとらわれず、今の自分と相談した上で、自分らしい働き方を模索していきましょう。

ちなみに求人を探す時は、女性専門のRUNWAY(https://run-way.jp/)を使うと便利ですよ♪